弘栄貿易株式会社
弘栄貿易株式会社
close
弘栄貿易株式会社
    • Language
    • 日本語
    • English
    • 簡体中文

先輩の声 VOICE OF SENIORS

山本達也 2011年4月入社 理工学部化学生物工学科卒 化学品事業部基礎化学品部

業務内容

2011年入社後、電子機材部に在席し、マイクロナノバブル発生装置の販売活動をメインに新規商材の販売に携わっています。

マイクロナノバブル発生装置とは簡単に言いますと、様々な液体の中に細かい気泡を発生させる装置です。ナノレベル、マイクロレベルの気泡を使って一体何をするのか、どこに使うのかというところから考案し提案する活動を行っています。

まだ、この分野については「気泡を発生させる技術がある」ということだけが分かっているのみで、どのような使い方をするのかを自身たちで考えていかなければなりません。用途開発という初めの段階から、お客様と研究しながら進めており、デモ機をメーカー様へ貸し出し一緒に用途を研究しています。全く新しい技術で、用途も定まっていない商品を販売するという任務、責任があります。

入社1年目

入社1年目は、前職が車通勤であった為、都内の満員電車になれるのが大変でした。
職種もメーカーから商社、業種も研究職から営業職へと変わる違いからくるギャップもありました。前職が研究職だった為、化学商品の説明時にはどうしても使い慣れた難しい単語で話してしまうこともあり、お客様から「分かりにくい」とのお声をいただくこともありました。

その後、どのように説明をすれば良いのかを自分なりに考え、化学の入門書を参考にして「誰にでも分かるように説明をする」ことを心掛けました。
更に、営業とは人対人であるということ、人脈は人に付くということを深く認識させられました。というのも、研修期間が終わり、きちんと担当を持つようになったとき、価格改定のタイミングが重なり、新担当挨拶と価格改定を同時に行ったことがありました。

最初はお客様に納得していただくのに苦労をしましたが、コミュニケーションを続けているうちに親しくなることができ、問題の解決、さらには新しい引き合いを戴くなどの結果につながりました。人間関係を上手く構築することによって、難しい問題も解決できるのだと実感しました。

目標・モットー

装置販売という業務上、デモ装置の搬入、設置という仕事が多く発生します。現場では様々な問題が生じ、スムーズに装置が立ち上がるということは稀です。その中で、その日のうちに確実に装置を使えるようにするということをポリシーとし、現場での修理、配管加工、電気トラブルに対して即座に対応するようにしています。

また、様々な業種の取引先様について、全く知識のない中でお話しすることは出来ません。特にマイクロナノバブル発生装置は「どのように活用できるか分からない」為に、ご面談させていただく事前準備として、インターネットでまずお会いする企業様の取得特許や、取り扱う商品、ビジネス等を調べます。そしてそこからマイクロナノバブルをどういうところに活用できるか、具体的な提案を用意するよう心がけています。会う方の業界に合わせて事前に知識を身に付け、課題点を発見し、具体的な提案ができるかを求められています。

日本はものづくりの国ですが、技術がどんどん海外流出してしまっている中で、なんとか日本の技術を守らなければならないと考え、日本独自の技術を立ち上げる為に、自分で何ができるかを常に考えています。そして、マイクロナノバブルのような新規のビジネスを自身で立ち上げ、ビジネス化をさせるところまでを一貫して実行したいと思っています。

弘栄貿易の魅力

自身のやりたい仕事ができるところに魅力を感じます。もちろん担当業務はありますが、自身で新規のビジネスを考案し、構築することができる点について、自由度がある会社だと思います。
現在、部署ではケミカルの新規販売を考えています。元々、装置販売がメインとなる部署なのですが、「この部隊は装置関係がメインビジネスだから」というような型に嵌らず、実行させてくれます。報告はきちんとし、実績につなげることが前提ですが、それさえ守ればかなり自由にさせてもらえます。

100人規模の会社ですが、大企業にはない自由度がある会社だと思います。
自分の考えたビジネスを自身の力で構築するという点で、自身のスキルアップに大きく貢献できるのではないでしょうか。5年後、10年後に自分がどう在りたいのか、どのようなビジネスをしたいのかを良く検討することが大事と考えます。